社会人として礼儀正しく

男性作業員

きちんと気持ちを伝えることが大事

引越しする際の挨拶はとても重要なものです。現代は1人暮らしの世帯も増え、いわゆる近所づきあいというものが少なくなりました。それでも、周囲の住人から常識のない人と後ろ指をさされないためにも社会人として恥ずかしくない行動をとるべきです。たとえ親しく付き合うことがなかったとしても、引越しをする際は運搬のためのトラックが出入りしたり引越し会社のスタッフが荷物を運搬することで廊下やエレベーターを使ったりと何かと近隣に迷惑をかけます。そうしたことへのお詫びの意味も込めて、挨拶はきちんとするのが賢明です。まず、今まで住んでいた家のご近所に対する挨拶ですが、できるだけ引越しの前日までに済ませておくように心がけましょう。世帯によって生活サイクルがまちまちなので、1つの時間帯では留守も多いことが予想されます。1週間くらい前から余裕をもってはじめるのが無難です。これから暮らすことになる新居での挨拶も、可能であれば引越す前日までに済ませておくのが理想です。ただし、長距離の転居の場合は難しい場合もあるのでその際は引越し後にできるだけ早く済ませるように留意しましょう。次に、挨拶する範囲としては、これはあくまで目安ですがアパートなどでは両隣と真上、真下に、戸建てならやはり両隣そして向かい側や裏側となります。いずれも生活音などで迷惑をかけることを想定してのことです。けれども、厳密にこの範囲に限る必要はなく、少し離れた住人でもお世話になった方や町内会、自治会などの世話係の方などには挨拶しておいたほうが良いでしょう。挨拶の際に渡す品物ですが値段としては千円くらいまで、どこの家庭でも使うような日用品か菓子などを選びます。あまり高価なものを用意すると反対に気を遣わせるので注意が必要です。品物の良し悪しより、お世話になったこともしくはこれからお世話になることをきちんと伝えることが大切です。

Copyright© 2019 サービス内容が充実している業者を探してみよう All Rights Reserved.